佐久市で頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれ、坐骨神経痛、膝痛、O脚でお悩みなら
 
お電話でご予約、お問い合わせなら

0267-78-3475【予約制
〒385-0051 長野県佐久市中込3011-2 小林ビル1Fミナミ
駐車場 2台あり


ぎっくり腰



症状


● 突然、腰のあたりの激痛で動けなくなってしまう。、

● 重い物を持った時に激痛がでる。

● 少し腰を曲げただけで激痛が出る。

● 朝起きたら、動けなくなっていた。


ぎっくり腰の場合、横になり、膝を少し曲げるなどで、痛みが楽になる体勢は必ずあります。

どんな体勢をとっても痛みが楽にならない場合は、医療機関を受診してください。

脚に麻痺や脱力感などが出ている時も同様です。


無理はせずに、痛みの出ない体勢でゆっくりと休んで下さい。

立って動けるようになってからは、無理のない範囲(生活レベル)で動くようにして下さい。
(ずっと寝ていると回復は遅くなります)

動けるようになってからでいいので、無理のない範囲でお越し下さい。


原因



椎間板ヘルニアを発症して神経を圧迫していることがあります。

椎間板自体を損傷しているので痛みが出ます。

ですが、腰に痛みが出ない人でも、レントゲンでヘルニアがある人はいます。

それが原因かどうかは判りません。


大抵の場合で、姿勢の悪さが原因の場合が多いようです。

姿勢が悪いと筋肉は過緊張になり、筋肉の伸縮性は失われていきます。

限界を迎えた筋肉は、少しの動きでも損傷します。


腰や背中の筋肉が攣った状態になってしまう事が原因にもなります。

足やふくらはぎが攣るというのは、誰でも経験あるのではないでしょうか。

筋肉には筋紡錘という筋肉が今どんな状態かが分かるセンサーがあります。

筋肉が疲労するとこの筋紡錘が誤作動を起こし筋肉が混乱して痙攣が起きます。

それが攣るということです。

それと同様のことが腰・背中の筋肉でおきています。


ぎっくり腰は慢性的な腰痛がある人がなりやすいです(もちろん無くても起こります)。


ぎっくり腰になると、同時に筋肉の微細損傷のための炎症が起きています。

炎症が治まるまでに2,3日、この間は痛みが続くことがあります。


痛みがあるときに無理なストレッチはしないで下さい、逆効果になる場合があります。

また、痛い所を押したり・揉んだり・叩いたりすることもやめてください。

痛みの出た直後は、患部を冷やすことで炎症が軽減します。

熱感(炎症)が収まってから、次は温めるようにしましょう。


当院での施術

日頃の生活習慣により歪んでいる背骨をDRTで調整いたします。

DRT独自の三大指標に痛みが出なくなると、体が本来持っている自然治癒力が回復します。

自然治癒力により、主訴の腰の痛みは徐々に治っていきます。


姿勢指導により、普段の姿勢を改善することで、痛みの出にくい体へと変わっていきます。

良い姿勢を良い習慣にすると、健康の維持につながります。


施術を受けた後も炎症による痛みが残ります、この痛みは炎症が治まればなくなります。

治療で三大指標の痛みが減ってくれば、体は回復致します。

施術後に、無理はせずにゆっくりと休む様にして下さい。。


ギックリ腰は、繰り返す場合が大変多いので、定期的なメンテナンスは必要です。

指導した姿勢は、キチンと行うようにしてください。


 ご予約、お問い合わせは
☎ 0267-78-3475(予約制)









マップ
リンク

blog

こんな症状の方に 
頭痛
目の奥の痛み
顎の痛み
首の痛み・こり
寝違え
肩の痛み・こり
四十肩・五十肩
手・足のしびれ
肘の痛み
ギックリ腰
腰痛
坐骨神経痛
股関節の痛み
膝の痛み
手・足の冷え、むくみ
慢性疲労 


DRTADV-sawasei


予約受付時間

月・水~土曜 
10:00~19:00
(施術は20:00まで可)

日曜・祝日    
10:00~16:00
(施術は17:00まで可)

定休日 
火曜

0267-78-3475